リフォームの費用

水道の修理

思った以上に高くつくリフォーム

リフォームすることはいまやエコで経済的というイメージがあり、多くの人に関心を持たれています。リフォームによって新築同様の家に生まれ変わることができたら、費用の面でも助かり、ゆとりをもった暮らしができることでしょう。 しかし、リフォームもやり方によっては高くついてしまう場合があります。リフォームを検討する際は、リフォームでお金がかかってしまうのはどんなことかということを知っておくと、予算以内に収めるということも可能になります。 住宅は尺貫法に基づいて作られているところが多く、多くの建築材料はそれに合わせて作られています。つまり標準仕様のものを使えば安くなるわけですが、1センチでも標準からはずれると高くなるのです。また、工事の予定を途中で変更したりすると余計にお金がかかってしまいます。また、多くの業者がかかわるほど、高くなります。

一般的にかかる費用の目安

リフォームにはどれくらいのお金がかかるのでしょうか。どの部位をするかにもよりますが、例えば人気のキッチンリフォームなら、100から150万円くらい、浴室もそのくらいは見ておいたほうがいいでしょう。 トイレや玄関などは20万円から50万円位、居間や寝室は50から100万円くらい、ざっとこのように考えるとよいでしょう。 ただし、増築の場合は、費用はさらにかかります。中には1000万円以上かけて増築する例もあります。 満足するリフォームのためには、コストダウンしすぎてもよくありません。結局なんのためのリフォームだったのかということにもなりがちです。 今の生活の中での不満点を解消するのがリフォームです。できれば予算内で賢く理想の暮らしを実現しましょう。